カルテを持つ女性医師

ワキガは、脇の下の汗が主に原因になり雑菌を繁殖させることで体臭となり周りの人や自分自身でも不快に感じてしまう臭いのことを言います。

ワキガになってしまう原因や予防方法などについてまとめています。

ワキガの原因とは?

ワキガの原因は、脇にかく汗が雑菌を繁殖させ体臭を結びつくことで周囲へ匂いが拡散されます。

特に夏の暑い時期には、脇の下に汗をかきやすくなるためワキガになることが多いです。

原因には遺伝性のワキガなどもあります。
ご両親のどちらかがワキガ体質だと、それを受け継いでしまっている可能性があります。

また、ご両親共にワキガ体質のご家庭では80%近く遺伝が原因になっています。遺伝性が原因の場合は自分での対策にも限界があるため、手術やクリニックなどでの治療をおすすめします。

ワキガの仕組み

ワキガは通常の汗の出るエクリン腺とは違い、アクポリン腺から出る汗が原因となっています。

そのアポクリン腺から出る汗が体臭などと混ざることでワキガなどの悪臭になります。

ワキには、アポクリン腺、エクリン腺という2種類の汗腺と、皮脂腺の3つがあります。ワキガは、これらの分泌物が肌に住む菌に分解される際に発生します。

ワキガの治療方法

ワキガの治療方法では皮膚科などで手術をするという方法もあります。

ワキガの原因は残念ながら遺伝や体質が原因になっていることもあります。

治療を受ける病院はクリニックや皮膚科などで可能です。費用はおおよそ、片脇1万8千円、両脇で3万6千円程度となります。保険が適用されるクリニックもあるので病院での治療も検討されてみて下さい。

脇汗などの多汗症の治療や相談にものって頂けます。傷跡なども残らないように治療してもらうことが可能です。

生活習慣の改善

ワキガの改善には、体臭の抑制も効果があるので適度な運動はもちろん、食事内容の見直しなども必要になります。

肉類や脂質の多いコレステロールが溜まる食事メニューなどは改善するようにして下さい。海藻類や野菜類を摂取することをおすすめします。

また、タバコや過剰なアルコール摂取なども良くありません。

控えめにすることで体臭やワキガの軽減に繋がります。運動は激しい運動ではなく、ウォーキングなどの有酸素運動でも十分です。

代謝を良くすることが目的なので、簡単で継続出来る運動方法で行いましょう。

ワキガの予防と対策

毎日お風呂に入って身体を清潔に洗うことは当然、ワキガ予防に重要です。脇毛に絡まった雑菌をしっかりと落とすように洗いましょう。

柿渋石鹸や加齢臭対策などに効果のあるボディソープなどを使用することをおすすめします。

また、食事内容などにも注意して下さい。

タバコやアルコールなどの過剰摂取はもちろん、コレステロールの高い脂質なども控えるようにして下さい。高い脂質は体を酸性化させ、ワキガの原因にもなります。抗酸化作用のあるハーブティーなど

ワキガにおすすめの商品

ワキガにおすすめの商品として、柿渋石鹸や塩化アルミニウム液、みょうばん水などがあります。もちろん市販の制汗剤(デオドラント)も効果が見込めます。

中でもみょうばん水は制汗剤の変わりとしてもおすすめです。

スーパーなどに売っている焼みょうばんを水に溶かすだけで出来るので、誰でも簡単に作れます。焼みょうばんは90円程で手に入るため経済的とも言えます。古来より制汗剤として利用されてきました。

まとめ

これらのように、ワキガには単に汗をかいてなってしまう場合もありますが、遺伝が原因になっている場合もあります。

自分で出来る対策には、生活習慣の改善や食事内容の見直し、ストレスの軽減や睡眠不足、運動不足の解消などがあります。

遺伝性が原因の場合は残念ながら自分で出来る対策にも限界があります。クリニックや皮膚科などでの治療を検討してみて下さい。